• 細やかな気配りで通夜や葬儀を滞りなく進行するセレモニースタッフ

    細やかな気配りで通夜や葬儀を滞りなく進行するセレモニースタッフ

    お通夜や葬儀が行われるなかで、遺族や参列者は、悲しみに心を奪われています。なかには、泣いている間に式がお開きになっていたという方もいるはず。陰になり日向になり動いてくれる人のおかげで式が滞りなく進んでいます。それがセレモニースタッフ。実際どんな仕事をしているのかを紹介します。

    セレモニースタッフの仕事とは

    通夜や葬儀は、葬祭ディレクターの統括のもと、行われます。それを実際の形にしていくのがさまざまな部署で働くスタッフたち。セレモニースタッフも一翼を担っています。守備範囲は広く、遺族や列席者と直接関わる多くのプロセスを担当。その役割は、通夜や葬儀をプラン通り、時間に合わせて進行すること。司会を務めることもあり、遺族や列席者が大切な人の旅立ちを見送ることに集中できるようサポートします。

    遺族や参列者と直接関わり式を進行

    通夜や葬儀は、慣れているという人はほとんどいません。ですから、迎える側・列席する側の支度から斎場内外の案内、進行についての誘導など、さまざまな仕事があります。

     

    セレモニースタッフの仕事の一例

    祭壇・会場の設営
    遺族や列席者の着付け案内、サポート
    司会(葬祭ディレクターが務める場合、外注する場合もある)
    通夜・葬儀の進行に合わせたアナウンス
    あいさつの登壇者の紹介
    手紙や電報の読み上げ
    焼香の案内・誘導
    棺に納める生花の配布
    式典の撮影
    祭壇・会場の撤収及び掃除
    僧侶の誘導
    etc.

    ざっと数え上げただけでもセレモニースタッフの担当する範囲の広さが分かります。複数名のセレモニースタッフが連携することで通夜や葬儀が滞りなく進行しているのです。

    セレモニースタッフ,葬儀後,祭壇,設営,葬祭業

    手紙の読み上げも含めて司会進行を担うことも

    セレモニースタッフの仕事が多岐にわたるのは、ご紹介した通りですが、それぞれの仕事で専門性を高めることを要求される場合もあります。

    その一つが司会進行です。司会に限っては外注する斎場もありますが、葬儀や通夜は突発的な出来事のため、希望の司会者を常にオーダーすることは難しいものです。そこで自社で司会者を育成したり、葬祭ディレクターやセレモニースタッフのなかから司会進行を担える専門性を高めた人材を育てることもあります。

    葬儀や通夜の司会は、滞りなく進行できるよう儀式全体を把握している必要があります。また、葬儀は悲しむことでその悲しみを癒す場でもありますから、列席している人が思う存分悲しめる状況を用意する必要もあります。例えば、遠方で列席できない人からの手紙や電報を読みあげてその思いを伝えることも大切な仕事になります。

    司会進行を通して、遺族や列席者の心に寄り添いながらも、間の取り方を工夫したり、手紙などの読み方を工夫したりする、演出力も司会進行には求められます。

    セレモニー後のあれこれにも対応

    遺族の希望に合わせてセレモニーを滞りなく進行すると、遺族からの信頼は厚いものになります。そこからセレモニー後の相談につながることも数多くあります。

    例えば四十九日の法要。葬儀後に行う法要で最も早く行うものは初七日ですが、最近は葬儀の日に一緒に行うことも多いため、四十九日の法要がもっとも直近になり、その相談は自然と多いものになります。その後も法要は定期的に行われるもの。そのたびごとに利用の相談を頂けるようになることもあります。

    また、法要などの相談とはまったく異なる実務的な相談もあります。例えば、遺産相続など。どこに相談すればいいのかわかりづらい相談を持ち込まれることが数多くあります。

    セレモニースタッフ,相続問題,相談,葬儀後

    大きなやりがいと失敗できない難しさがある仕事

    通夜や葬儀は、人の死に関わるため、日々の営みのなかでも非日常的なできごとです。誰もがとまどいながら行動していたり、神経質になっていたりします。そのためセレモニースタッフには、一般的な常識はもちろん、ビジネスマナーに加え、それを超えた細やかな気遣いが求められます。また、多くの人が訪れますからコミュニケーション能力も必要です。困っている人を見かけたら、率先して声をかけ、誰もが大切な人の旅立ちにきちんと立ち会えるよう導いてあげるのも仕事だからです。

    仕事の幅が広く、気遣いも同時に求められるセレモニースタッフの仕事は、その分感謝されることも多い仕事です。特に親身になって対応する必要がある遺族からは、直接感謝の言葉を聞くこともあり、仕事のモチベーションになるという声もよく聞きます。

    一方で、失敗の許されない厳しさもある仕事です。仕事の間中、死と正面から向き合うため、精神的な強さが必要です。また、葬儀は、一期一会の縁でこの場所で行われると思って間違いない行事です。遺族や列席者は通夜や葬式は滞りなく行えて当たり前と思っています。場所の案内や誘導、進行の間違いなどは許されません。気遣いが足りなくて不快な思いをさせてしまえば、それがその式全体の評価になってしまうこともあります。多くの仕事以上に失敗には厳しい評価が下る仕事といえそうです。

    セレモニースタッフは人生経験が活きる仕事

    セレモニースタッフは、特別な資格は必要はありません。とはいえ、葬儀は古くからのしきたりや独特のルールがある儀式です。一般常識やきちんとしたビジネスマナーは最低限必要です。そのうえでしきたりを覚えたり、斎場ごとのルールを覚えたりする必要があります。サービス業であることを自覚し、気持ちの良いコミュニケーションを心がけることが大切です。

    セレモニースタッフ,葬儀会社,経験豊富,人生経験

    対応力の高さがより良いセレモニーを実現

    ビジネスマナーやコミュニケーション力が求められるセレモニースタッフは、社会人経験や人生経験がそのまま活かせる仕事でもあります。そのため、30代40代でそれまでに培った能力や知識を活かして転職しようと考える人も少なくありません。秘書検定などの資格も活かせる仕事といえます。

    葬祭ディレクター資格取得でキャリアアップも可能

    セレモニースタッフからのキャリアアップを目指すなら、葬祭ディレクターの資格を取得することが近道といえます。セレモニースタッフは、葬儀の現場のすべてを知らなければできない仕事です。スタッフとして動く場合は、その一端を担う形になりますが、何度も繰り返すうちに、葬儀の全体像が把握できるようになります。その経験を活かすのが葬祭ディレクターといえます。

    葬祭ディレクターは、二級でも2年以上の葬祭業経験が必要ですから、まずは二級を目指してセレモニースタッフとして働くとよりやりがいが実感できるはずです。

    専門家とタッグを組んでビジネスチャンスが広がっている

    葬祭業にとってのビジネスチャンスを増やすことは、スタッフのキャリアアップの可能性を拓くことにつながっています。それが葬儀後の実務的な相談です。大概の場合、準備を万端にして死を迎える人は多くはありません。そこで残された遺族は、様々な問題に直面します。例えば、遺産相続の問題。遺品の整理や銀行口座の凍結解除、名義変更といったこともあります。自分ではできないけど、誰に相談すればいいのかもわかりづらい。そんな相談をセレモニースタッフにする人が増えています。葬祭業者もニーズに応えて、専門家と提携して相談に対応できる体制を整えています。その窓口としてセレモニースタッフの仕事の幅が広がっています。

    セレモニースタッフの心構えとして、これまで以上に柔軟な対応力が求められています。